web analytics

気持ち良く転職するためには退職時の有給休暇の消化が鍵!

断られることもある退職時の有給消化

 誰だって転職する時には、気持ち良く会社を辞めたいと考えるものです。でも、そのためには残った有給休暇の取り方、これが重要な鍵を握ってくるでしょう。
 有給休暇の取得を放棄するというのもひとつの考え方ですが、どうせ気持ち良く退職するなら、有給消化してしまった方がいいに決まっていますよね。

 でも、有給休暇をいただきたいと願い出た時、それを断られる可能性があることは頭に入れておきましょう。覚悟しておけばショックは少なくて済みますが、有給休暇の取得は法律で認められているからと、覚悟なしに申請して断られると、気持ち良い退職とはなりません。

 もちろん交渉次第で有給消化が可能となる場合もあるものの、法律以前に会社や上司との関係があることを認識した上で、申請した方がいいでしょう。

有給消化よりも優先すべきものとは

 有給休暇を消化することよりも優先しなければならないのは、残務です。「辞めたいから辞める、だから残りの有給休暇を全てくれ」というワガママは、社会人であれば通らないと思っておくべき。

 もしそのワガママを実現して欲しいのであれば、残務をしっかりとこなし、会社や取引先の都合なども考慮することは必須。また、会社や上司との関係をこじらせることなく、円満退職することも優先するべきでしょう。

 こうした配慮をした上で有給休暇の取得が可能かを相談し、もしそれでも無理だった場合はサッパリ諦めた方が、気持ち良く退職・転職できるのかもしれません。

事前の準備次第で変わる退職時の有給消化

 残務を処理しておくこともそうですが、退職届をいつ提出し、退職日はいつにするのか、こうしたスケジュールの管理が、有給休暇の取得に大きく関わってくることがあると知っておきましょう。

 そもそも相談も何もしないで急に有給休暇取得の申請をすれば、上司は素直に首を縦に振ることができないのではないでしょうか。探るように相談し、「もし可能であれば」というニュアンスで伝えておく。
 根回しと言ったら大げさかもしれませんが、こうした事前の準備や策略があればこそ、有給休暇の取得もし易くなるというもの。

 転職活動と同じで、入念で綿密な準備と計画、これを意識しながら有給消化のための段取りを組んでいきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る