web analytics

計画を立てやすくするために知っておこう、転職活動にかかる期間

応募開始から約2か月から3か月

 計画なくして、転職活動がうまくいくわけはありません。何事にも計画が必要ですが、転職者は自分の向かう方向性を定め、現状も考慮した上で適切な計画を立て、そのために動かなければいけないのです。

 転職活動計画を適切に立てるためには、転職までにどのくらいの期間が必要になるのかを知っておく必要があります。転職を希望している人全般の平均的期間を割り出すと、応募を開始してから約2か月から3か月ほどで転職先を決めることができるようです。

 自分のことをよくわかっている人は、「自分は1か月もあれば転職できる」と考える人もいるでしょうし、「これまでのキャリアを考えれば、4か月くらいは必要になるかもしれない」と冷静に考える人もいるでしょう。

準備期間も含めて計画を立てる

 自分にとってどのくらいの転職活動期間が必要なのか、あるいは妥当なのかを考えた上で転職活動計画を立てなければいけないのですが、計画を立てる時には、準備期間もとても重要なものとなってきます。

 上で紹介したのはあくまでも応募を開始してから転職先が決まるまでの期間。転職活動は準備がなければ始められないわけですから、転職活動にかかる期間を厳密に考え計画に織り込むとすれば、準備期間も考慮する必要があるのかもしれません。

 この期間も人それぞれ。自分のことを把握した上で全体の転職活動期間を割り出し、計画を立ててみましょう。

ダラダラとした転職活動になってしまう人は?

 転職活動をダラダラと続けてしまえば、それだけ活動に費やす期間、つまり転職までの時間も長くなってしまいます。それだけは避けたいとどの転職希望者も思っているはずです。

・考え過ぎてしまい、応募までに多くの時間を費やしてしまう
・企業の選択があまり上手くなく、不採用を繰り返してしまう
・自己分析が甘く、本来の自分を上手にアピールできない

 転職活動にかかる期間が長くなってしまう人は、上記のような特徴を持っている人が多い。いくら転職への気持ちが強かったとしても、これらに当てはまってしまうと、なかなか転職先が決まらない日々が続いてしまうのかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る