web analytics

転職面接で確認しておくべきこととは?

入社後のミスマッチを防ぐために

 転職が当たり前の世の中ではあるものの、その回数が少ないにこしたことはありません。どんな年代であっても、入社後に失敗したと思わないようにするためには、転職面接で企業をリサーチするという観点を持つのが重要です。だからこそ、求人票や企業のホームページを事前にチェックしたうえで、知りたいことを質問できるように準備しておく必要があります。

 転職にあたって、気になる内容はひとによって異なるので、自分がどうしても確かめておきたい項目を、一つか二つ選んで聞いてみるようにしましょう。

 例えば、実際の仕事内容を詳しく教えてもらったり、車やバイクでの通勤が可能かを確かめたり、シフトや土日・祝日の出勤について確認し、家族の都合で変更の相談ができるかどうかなど、質問を絞り込んでおきましょう。

 また、残業や休日出勤の有無、給与など、勤務条件について質問すると、面接官によっては気分を害すことがあるので、聞き方に注意してください。

企業と自分の相性を確かめておくのも重要

 転職先で長く働き続けるためには、仕事内容や勤務条件だけでなく、働き心地という観点も重視することが大事です。社風や企業風土と自分の仕事の志向性が合わないと、社内で評価が低いままで、フラストレーションを溜め込むことになりかねませんし、協働志向のひとが徹底した個人主義の職場で成果だけを追求するのも、ストレスフルに違いありません。

 そうした雰囲気をつかむために、面接官に仕事をするうえで大事にしている価値観を確認したり、会社の評価制度について質問してみるのもおすすめです。自分が長く働くために、仕事や職場に対して譲れない条件は何かを考え、それを確かめる質問をしてみましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る